ジャガイモの迫力とずぼらなわたくし

「ジャガイモって、どうしても所要だって、付くずく思ったわ」
そうか、もちろんそうなのか、疎かをしたあたしが不能だったのか。

肉もある、人参もある、玉ねぎもある、ルーもある。
ただし、ジャガイモだけがなかった。
(ま、いいか、取りあえずジャガイモを入れなきゃならないって法はないんだからね)
とアバウトなあたしはジャガイモ皆無カレーを作ったのだ。
ひとまず味見はした。
(こうしたもんだよね)
なんてアバウトなあたし、、いい加減な個性がむき出しです。
但し夜、家族で夕飯にカレーを食べた頃、最初の一文に乗せたように子どもに一喝?されてしまった。
ジャガイモの代わりにしめじは代用にはならなかったか、しめじはしめじで、好ましい仕事をしたは
想うのだが。
ようするに、奥さんとしての自信をバッチリ持って、メニューのコンポーネントには妥協するな!
ということを学んだのだ。
ん?ならば、シーフードカレーはどうしてなんじゃ?というヒヤリングが沸いて現れる。
それはそれで、連中(シーフード陣)がヒーローなのか、、
カレーは奥が深い、奥さんとしての修業が足りないという改心を通じて出直し奥さんになろう。
と言いつつ、今夜の副食はどうしようか、また、アバウトな副食になりそうな予感がする。iphone6seへオトクに乗り換える方法